映像メディアデザイン表現コース

写真画像・動画・アニメーション・メディアアートなどの映像領域の幅広い分野を学びます。将来はCG・ゲームクリエイター、CM・ビデオクリエイター、ウェブデザイナーなどをめざします。

映像メディアデザイン表現コース

メディア・アートを自在に表現。

カメラやパソコンなどの映像機器を使った表現に関する学習を通じて、表現と鑑賞の能力を育成する。デジタル化の時代、さまざまなメディアが生み出す表現領域の多様性を学び、社会の多角的なニーズに応えながら表現できる能力を身につけます。

学習内容

映画・映像・写真の優れた作品を鑑賞し、各表現メディアの基本的な知識と技術への理解を深めます。演習を通じて情報の集積力と編集力を身につけ、メディアの境界を越えて自在に表現のできる総合的な感性を磨きます。

全コース共通 コース専攻演習
2年次
[素描]
●鉛筆デッサン
●想定デッサン
[日本美術史]
●作品鑑賞・研究 など
[専攻演習Ⅰ]
●コンピュータトレーニング
●静止画(画像)による構成
●実写合成
●アニメーションガイダンス
3年次
[素描]
●鉛筆デッサン
●木炭デッサン
[美術概論]
●美術作家研究 など
[専攻演習Ⅱ]
●写真技術の技法と表現
●映像表現実習
●アニメーションの実践
●卒業制作
  1. 課題1ソフトウェア

    Photoshop、Illustratorを中心に、デザインワークの基本となるコンピュータの操作とソフトウェアの操作方法を学びます。

  2. 課題2写真画像

    写真をはじめとする映像媒体表現の現在を学びながら、写真画像を用いた制作物の企画、制作、作品展示までを実践的に行います。

  3. 課題3プロジェクショ
    ン・マッピング

    オリジナルで制作した画像を、プロジェクターで立体に投影する課題です。立体物と映像の調和を目指します。

  4. 課題4アニメーション

    映像作品を制作するための基本となるデッサンや絵コンテを学び、作品の核となるストーリーやテーマを考え、最終的に実際のアニメーションを制作します。

生徒作品芸高ギャラリーを見る

メニュー