美術の基礎を学ぶ1年間

1年次の学習内容

  • 素描[鉛筆デッサン]

    鉛筆で追究する
    黒と白の世界。
    具象的な表現力と技術力。

    描こうとする対象を的確に観察し、対象の特徴や形態を捉える力を育てます。白と黒の繊細な色の変化によって質感・量感・空間全てを表現します。客観的にモチーフを描写する静物デッサンからイメージを具象化する想定デッサン等、デッサンの基本を学びます。

  • 演習[絵画・デザイン]

    週6時間の実技授業。
    集中した環境で絵画・
    デザインの基礎を学ぶ。

    美術・デザイン分野で使用する用具(水彩画絵具・アクリル絵具・デザインガッシュ)により、設定した題材のもとにその技術と知識を学びます。
    また、基本的な表現の構想や形式、技法を学ぶなかで創造力を育みます。

  • 美術史[西洋美術史]

    作品の鑑賞と研究を通じて
    美術の本質を学ぶ。新たな
    知識が新しいイメージを生む。

    西洋美術史における時代、民族、風土などによる表現の相違や共通性と美術文化を学習します。
    また、創造性に溢れる美術表現や作者の個性にまで踏み込んだ多様な表現形式を知るなかで、自己の表現領域を広げます。

  • 基礎造形

    立体表現を中心に
    多種多様な表現方法を
    基礎から学ぶ。

    幅広い立体表現の基本を創作活動を通じて知識を深め、基礎的な表現力を習得します。また、量感やムーブメントを中心とした優れた造形的感覚を養い、イメージを立体として具現化するプロセスを学びます。

2・3年次のコースはこちら

メニュー