マンガ文化表現コース

マンガ・イラストレーションにおいては、表現の基本である手で描くことを再認識させ、描画能力を鍛える指導を実施します。そのうえで、今や必要不可欠となっている基礎的なデジタルイラストレーションの理論と技法を学びます。

マンガ文化表現コース

表現の自由さと発想を磨く。

マンガ文化表現コースでは、世界が注目する日本のマンガ・イラストレーションという新たな芸術表現を総合的に学習します。カートゥーン(1コママンガ)、ストーリーマンガなどの表現世界を、作画・編集・批評という観点から掘り下げていきます。

学習内容

文章構成の方法やネームの作り方など、ストーリーマンガ制作を基本としながら、マンガ制作に関わる様々な技法を手で徹底的に描くことから習得します。さらにデジタルイラストレーションなど幅広い視点からマンガを探求します。

全コース共通 コース専攻演習
2年次
[素描]
●鉛筆デッサン
●想定デッサン
[日本美術史]
●作品鑑賞・研究 など
[専攻演習Ⅰ]
●レタリングとペン技法基礎
●コミックカラー技法基礎
●人物デッサン・クロッキーと
 キャラクター
●CGソフトウェア基礎
3年次
[素描]
●鉛筆デッサン
●木炭デッサン
[美術概論]
●美術作家研究 など
[専攻演習Ⅱ]
●1コマ漫画とシチュエーション
 処理技術
●脚本実習
●4コマ漫画とストーリー漫画
●卒業制作
  1. 課題1ストーリーマンガ

    漫画用具の使い方から様々な技法や構成力を習得し、個性溢れるストーリーマンガ制作への展開を学習します。

  2. 課題2デジタルイラスト

    Photoshopなどのソフトを用いて、デジタルイラスト制作に必要な技能を習得します。

  3. 課題3見開きイラスト

    マンガの見開きページを想定したイラスト画を制作します。

生徒作品芸高ギャラリーを見る

メニュー