絵画表現コース

アクリル画・油彩画・日本画を中心に 写実表現やイメージ画などの絵画表現を学びます。 将来は美術作家・教員などの分野で活躍をめざします。

絵画表現コース

創造力をキャンバスに表現。

対象をよく観察し、描く技術力及び創造力を高めます。
また、油彩画と日本画の用具・材料を学び制作過程に反映させます。
学年に応じて、その表現力を培い、現代の絵画様式も取り入れながら、表現の自由さや発想の豊かさを伸長させるコースです。既成の概念にこだわることなく創造性に富んだ作品に挑戦します。

学習内容

さまざまな技術やテクニックを身につけるうちに、完成度の高い作品が生まれてきます。「絵画」には、自分らしさを表現していくことができる世界があります。そして新たなる自己発見は、芸術を通してできる人間のあるべき姿の探究です。

全コース共通 コース専攻演習
2年次
[素描]
●鉛筆デッサン
●想定デッサン
[日本美術史]
●作品鑑賞・研究 など
[専攻演習Ⅰ]
●水彩絵画
●アクリル絵画
●油彩絵画
3年次
[素描]
●鉛筆デッサン
●木炭デッサン
[美術概論]
●美術作家研究 など
[専攻演習Ⅱ]
●日本画
●卒業制作
  1. 課題1混合技法

    古典技法の習得を目指し、油彩画とテンペラ画の混合技法を学びます。

  2. 課題2油彩画

    油絵の具の特性やオイルの調合など、油彩画の基礎学習を2年次に取り組みます。

  3. 課題3静物油彩画

    形態を正確に捉え、質感描写を追求し、豊かな絵画空間を表現します。

  4. 課題4日本画

    3年次から取り組む日本画は、顔料に膠(にかわ)を加えて描く日本の伝統技法で鮮やかな色彩が特徴です。

生徒作品芸高ギャラリーを見る

メニュー